プレイしたゲームについて書いています。最近は箱○とPSP中心。
ネタバレ等あんまり深いこと考えてないので、未プレイの方はご注意ください。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< DS-愛・絵理AランクEDクリア | main | 赤ちゃんはどこからくるの? >>
きみのためなら死ねる
DSを買った動機のゲームです。

上記の電波なソングで一部では有名だと思いますが、中身は期待に違わず大変バカゲーでした楽しかったです(笑)
DS初期の作品だったかと思うんですが、当時ゲーム内容を見たときに「ああこれはDSならではのゲームだなぁ」と思ったのを覚えています。そしてその印象通りに『DSの為のゲーム』でした。
3DS含め、あまり『これはDSじゃないと出来ないゲーム』というゲームが無い気がするんですよね。ぶっちゃけるとアイマスDSなんかはDSである必要ないと思いますし。いやアイマスDS自体は好きなんですが、システム的に。
まあそんなこんなで、きみしねは「DS楽しいなぁ」と思えるゲームだと思います。

ストーリー自体は大変おバカです。ツッコミどころだらけです。だがそれが良い←
つまるところミニゲームの詰め合わせなんですが、ミニゲーム開始前の四コマのような状況説明が面白かったり、何だかんだでしっかり全体的なストーリーはきちんと繋がってます。ラストは意外に泣ける展開でした。多分。
まさかタイトルがそういうことだったとは、と思うと思います。私はネタバレ知ってたんでアレですが(…
ミニゲームの内容は単純なんですが面白いです。
音楽や掛け声が軽快で、ついつい口ずさみそうになりました。
特にダンスを真似するのが好きなんですが、アレは『スペースチャンネル5』のオマージュなんですね。
掛け声?ではバスストップ冒頭の「バスストップ♪(プップー)」というのが好きですw
登場人物がみんな黒塗りなのにすごく表情豊かというか、イキイキしてるのも楽しさを助長させていて良かったです。
ボディランゲージじゃないですが、身体の動きだけでもあれだけ表現出来るということだよなぁと。舞台と同じ表現方法ですね。

「もう終わりなのか」と若干ボリュームに物足りなさを感じましたが、楽しいゲームだと思います。
あと、動画やサイトのような歌詞入りの曲が入ってないのが少し残念でした。