プレイしたゲームについて書いています。最近は箱○とPSP中心。
ネタバレ等あんまり深いこと考えてないので、未プレイの方はご注意ください。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< TOV | main | アイマス所持CD覚え書き >>
戦律のストラタス
PSP用の非リメイク作品です。
プレイ時間は99時間程度。寄り道等はあまりしなかったので、携帯機のゲームではボリュームがある方ではないかと。
キャラクターはみんな好きですが、特に七瀬、ジリア、ひよりの女の子たちが好きです。
全体的にはまあまあ好きな方のゲームです。

他、とりあえず1周目クリア時点での感想を箇条書きで。

【プラス点】
キャラクターが魅力的。
序盤〜中盤のストーリーも良いと思う。
人口メーターも緊張感を煽って良い。
人間パートの上申書システムが面白い。

【マイナス点】
スターオーシャン的設定判明からはストーリーがイマイチ腑に落ちない、人口メーターが無意味化・何故か減らなくなる(難易度が関係?)、なんだか緊張感がなくなってしまった。
水着回あたりから何故か急に征四郎と禊が仲良くなるが、それがイマイチ解せない。
個人的に後半のストーリーが残念。
御都合主義としか思えない真実。いや確かに伏線は張ってあったけどさ…。
後半、特に終盤ストーリーのプレイヤーおいてけぼり感がすさまじい。
独自用語と専門用語の解説が作中で殆どないのはどうかと。
分けた人格に関しての用語に至っては設定用語集にすら乗ってないので自ら調べないと完全に意味不明。
プライマリバースと同じような状況から立ち直った世界のようだが、結局どういうことなのか。融合したの?融合したならなんでそんなこと出来たの?
融合してないのなら、電脳世界が助かっても現実世界からの電力供給が絶たれたら結局終わるのでは?
序盤の設定が完全に無意味・放り投げになってて、それってどうなの。
操作的に落下しやすい上に落下のペナルティが半端ない。
戦闘がヒットアンドアウェイで単調化するかも。
上申書システムがやや不親切かな。
人間パートのシステムが所謂「おつかい」でつまらないと感じる人がいるかも。
宇佐美と七瀬の生存やヒトハの参戦がON/OFFなのはどうなの…。賛否あると思うが個人的にはちょっと…。
立ち絵会話がスキップ出来ないのがダルい。ムービーのようにスキップが欲しい。
アイテムに表示される『命の写真』の存在意義とは。


ゲームとしては嫌いじゃないです。
ただ、良い素材なのに後半が残念だなぁと。
2周目やるとまた変わるのかも知れないので、やってみようと思います。